読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もぎられライムの恋活日記

27歳女性による、ゆるゆる恋活・婚活日記です。ペアーズ・合コン・婚活パーティーの体験記を残していきます。

身震いするウインク野郎

 

ペアーズ体験談 1人目

 〜身震いするウインク野郎〜


ペアーズで知り合った人と、始めて会ってみました。

というのも写真を見る限り、

見た目がわりとタイプでした。

私はマッシュボブの人はとりあえず一旦好きになる傾向にあるのですが、

彼もマッシュボブでした。

ウインクしちゃってはちゃけた感じの写真もあり、

お、いいかも、と思っていたのです。

 

メッセージのやり取りを重ねていき、

お茶でも、と誘ってもらいました。

 

ある日の夕方、都内某所で待ち合わせです。

 

待ち合わせ時間になりました。

しかし来ない。

メッセージも来ない。

初対面にも関わらず、遅れてくる上に連絡がないとはなんぞや。

 

まあでもそんなことはあまり気にしないことにして、

遅れてきた奴になんて言おうかな、一言目大事やな、と考えながら、

普通の女子なら

「全然大丈夫!私も今来たところなの!」

と可愛く言うべきところですが、

可愛さで戦うと勝ち目がないので、

「初対面で遅れてくるとかまじであり得ないよね!はは!うそうそ!」

というセリフを発することで、

差別化を図ろう。

 

とかいろいろ作戦を練っていたわけです。

 

そんなこんなでお相手到着。

あ、、、(察し)。

 

そう、陰キャラです。

醸し出す雰囲気が陰キャラです。

 

服装は、白シャツにジーパン。

ここまでは良いでしょう。

からの〜、極め付けのチェックシャツ羽織り!

くぅ〜!ダサい!

 

化粧にかけた時間返せと即座に思いました。

 

せっかく妄想に妄想を重ねて考案した一言目の台詞が言える感じじゃない。


男「ごめんね〜!」
私「全然大丈夫!私も今来たところなの!」

 

てことで、

カフェを探します。

休日の夕方の都内某巨大駅、

どこのカフェも満席です。

暑いなか30分歩き廻ります。

 

私は汗っかきなので、滝汗が止まりませんでした。

通常だと、汗をかきだすと

「うわぁ!やばい!汗出てきた!どうしよう!恥ずかしい!見られたくない!汗止まれ!」

と非常に焦り余計に滝汗がでるのですが(軽く精神病)、

なんせ相手は陰キャラなので、

「こいつに汗っかきって思われようがどうでもええわ」

という思考に至ったので楽でした。

 

やっと見つけた空いてるカフェ。

コーヒー代は奢ってくれましたありがとう。

約2時間ぐらい話しましたが、

あんまりおもしろくなかったので何話したのかは覚えてません。

 

強いていうならマルチ商法の話かな。

友達がマルチ商法にはまってしまい、

どうしようもないけど、

本気でどうかしてあげなきゃって思うほど仲良くはないんだよね、

ってお互い話してました。

 

印象的なのは、ドヤのタイミングでウインクかましてきよるんです。

鳥肌ものでした。

 

最後、まだ交換してなかったLINEを(渋々)交換して、

ばいばいしました。

 

LINEを交換したことで、

陰キャラくんの苗字と名前が判明したので、

早速フェイスブックで検索。

見つけました。

やっぱり写真は陰キャラ感ないんですよね。

学生時代は茶髪だったみたいだし(←そこ?)すごく陽キャラ風です。

 

でも気付いたんです。

一緒に写ってる友達がどう見ても陰キャラ。

確信しました。

やっぱこいつ陰キャラやわ。

たまにいますよね、陰キャラのクセに金髪な奴、的な。

そんなかんじかな。

 

 ラインをブロックしてさようなら。

 

おわり。