読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もぎられライムの恋活日記

27歳女性による、ゆるゆる恋活・婚活日記です。ペアーズ・合コン・婚活パーティーの体験記を残していきます。

The beginning of relationship

ペアーズ

ペアーズ体験談 15人目

 

〜期待を裏切らないイタリア人〜
 
 
本日は、イタリア人男性。
 
初のpairs (ペアーズ)での国際交流です。
もうそれだけでかなりのブログネタになることから、どうしても会いたかったんですよね。
 
某巨大駅での待ち合わせでしたが、外国人見つけるだけなので容易でした。
 
 
どこかの居酒屋に行くかと思いきや、
 
イタリア人「綺麗な公園があるから、コンビニでお酒買って公園で話そう」
 
さすが外国人。外で飲むのほんまに好きなんですね。
 
コンビニでお酒を買い、公園へ向かいます。
 
 
 
都会のど真ん中にあるのに、本当に綺麗な公園で、人も程々。
 
イタリア人は日本語が話せるのですが、英語の方が楽なようで、ときたま英語で話してきます。
 
理解するのに相当なエネルギーを使いました。
 
もちろん私の相槌はバリバリの日本語。
 
ルー大柴的会話のやりとりに、公園にいる周りの人々の視線は釘付けです。
 
 
 
 
何やらこのイタリア人、文部科学省に認定を受け、日本の大学で研究してるというのです。
 
相当intelligenceなのでしょう。
 
 
 
風の心地よい公園で、お酒を飲みながら、英会話の練習。
なんてniceなsituationでしょうか。
 
 
 
 
2時間ぐらい楽しく話し、そろそろ帰ろうかなーというタイミングで
 
イタリア人「日本人は、付き合おうとか、そんな契約をしてrelationshipが始まるけど、それはおかしいと思うんだ。」
 
 
私「あー、はー、そうだね。日本のcultureだよね。」
 
 
イタリア人「ライム(仮名)はどう思うの?」
 
 
私「どうって何が?」
 
 
イタリア人「んー。君の意見を聞きたいんだ。」
 
 
私「意見も何も、何を答えればいいの?」
 
 
イタリア人「あ、ちょっと待って顔にまつ毛ついてるよ」
 
 
私「え、どこ。まつ毛よく抜けるんだよね。(あたふた)」
 
 
イタリア人「ちょっと目をつぶって」
 
 
 
 
 
 
………
 
 
 
 
お分かりでしょうか。そう接吻されたのです。
今考えて見れば絵に描いたようによくある手口ですね。
 
 
私「え、え、、え、え、、、、、」
 
 
まあイタリア人にとって接吻なんて何とでもないのでしょうが、
遊び偏差値の低い(良く言えばピュアな)私にとっては衝撃で動揺を隠せませんでした。
 
 
イタリア人「kissingはrelationshipの始まりだからね。」
 
私「あー、はー。(よくわからんけど。)イタリア人にとってkissingぐらい何ともないもんね!ね?ね!(我に言い聞かせるかのように)」
 
 
 
 
駅まで送ってくれて、さよならです。
 
去り際、
 
イタリア人「じゃあね!それとも、you come with me?」
 
 
私「行かないわ!!!」
 
 
イタリア人「Haha just kidding 」
 
 
またからかわれます。
 
 
イタリア人「もしまた会ってくれるなら、ライムからLINEしてね。俺、待ってるから。」
 
 
と言って去って行きました。
 
へえ、そこの判断、私に委ねるんや。
さすが外国人はスマートやな。
 
と思いきや、ばいばいして1分後にむこうからLINEが来ました。
 
 
 
なんじゃそりゃ
 
 
 
外国人ならではの貴重な経験ができ、ちょっとだけ(本当は相当)楽しかった夜でした。